写景盛花様式本位:蓮

カリキュラム

シンプルなものから高度な伝承花まで段階的に身に着く小原流制定のカリキュラムです。

 初等科   (8単位) 「たてるかたち・かたむけるかたち」とよばれる基本を学び、花の組み合わせやバランスのとり方を学びます。
 本科    (16単位) 花の扱いにも少し自信がついてきて、お気に入りの器を生かして花をコーディネートできるのもこの頃からです。
 師範科Ⅰ期 (16単位) 花瓶に花を挿すテクニックも学びます。季節感や素材感をいかして、生活の中でいけてみる楽しみが広がります。
 師範科Ⅱ期 (16単位) 本格的に「盛花」と「瓶花」を学びます。よりいけばならしい表現を覚え、自由なアレンジも可能になります。 
 准教授   (16単位) 基本と応用そして展開と、表現力に磨きをかけます。准教授の資格を取れば、上級者として先生への道が待っています。
 四級 ⇒ 一級家元教授 小原流いけばなの教授者として発展的な内容を学びます。写景・色彩の様式本位をマスターし、自然本位、琳派調いけばな、文人調いけばななど小原流の真髄をつかみましょう。
三級家元教授からは地区別教授者研究会など小原流本部行事にも参加できます。